名称講演会「すべては幸せを感じるために~
場所津市久居アルスプラザ アートスペース
(三重県津市久居東鷹跡町246番地)
事業区分主催
主催三重県障がい者芸術文化活動支援センター
日時2024年7月21日(日) 13:00~15:00
内容約90名のアーティストが所属が所属する福祉事業所「やまなみ工房」。“特別な自分”を表現できる環境づくりについて、施設長がお話しします。
費用無料・事前申込制
申込方法下記のフォームよりお申込みください。
【お申込みフォーム】

お電話、FAX、メールでお申込みの場合は
①お名前 ②ご連絡先(電話番号・メールアドレス等)③参加人数、任意でお住まいや配慮してほしいこと等を下記「お問合せ」先へお送りください。(①~③は必須です)

FAX・メール用お申込み用紙はこちら


お申込み締切 7月18日(木)
お問合せ三重県障がい者芸術文化活動支援センター【主催】
〒514-0113 三重県津市一身田大古曽670⁻2
TEL  059⁻232-6803 FAX 059-231-7182
メール info@mie-asc.jp

講師プロフィール

山下 完和(やました まさと) 

1967生まれ 三重県伊賀市在住 社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房施設長 

高校卒業後、様々な職種を経た後、1989年5月から、障害者無認可作業所「やまなみ共同作業所」に支援員として勤務。その後1990年に「アトリエころぼっくる」を立ち上げ、互いの信頼関係を大切に、一人ひとりの思いやペースに沿って、伸びやかに、個性豊かに自分らしく生きる事を目的に様々な表現活動に取り組む。2008年5月からはやまなみ工房の施設長に就任し現在に至る。

講演メッセージ

演題「すべては幸せを感じるために~やまなみ物語~」

All you need is LOVE (everybody)!!

やまなみ工房に通う人達にはそれぞれに「これをすることで私は幸せである。」があります。
やまなみ工房の“日常の中のある日”を覗いてみると、一人一人がそれぞれの方法で“特別な自分”を毎日表現しています。

粘土で何かを作る事が好きな人、絵を描くのが好きな人、歌うことが好きな人や刺繍が好きな人、おしゃべりが好きな人もいれば、一人静かが好きな人、元気よく体を動かす人、じっとするのが好きな人、好きな事や得意な事は様々です。しかしその表現の多くは今日の一般社会の中において、対価に結びつく事が難しく、行為そのものの価値や彼らの本質が見失われることも少なくはありません。

互いの違いを知る事。
それぞれの価値観を大切にする事。

描きたいように描いてみよう。
つくりたいようにつくってみよう。

君は君らしく生きてみよう。

あるがままの自分が認められ存在できる場所で、自由に自分の可能性に向かう事が出来ればどんなに嬉しい事でしょう。
自分らしく過ごす日常の中で生まれた僕の色、私のカタチ。

やまなみ工房は、様々な表現から感じる個々の本質を大切に、感性とは何か、豊かさとは何かを考え、それぞれの可能性、そしてHAPPYが無限に広がる事を目指します。


トップページに戻る